トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

鶴橋の王道

 これから、薄着になる季節。テレビショッピングでもダイエットにまつわるアイテムが頻繁に紹介される今日この頃。でも食べたいという気持ちを抑えることはできない。そして、またまたハシゴ(→ܫ←)♡

1軒目 焼肉ホルモン『空』

 このたび3回目。たまーに食べたくなるのが、ホルモン。冬はもつ鍋。もともとホルモンが苦手だった私ですが、以前、BBQの時にホルモン好きの友達の旦那が買ってきてくれたちょっと良いお肉屋さんのホルモンを『おいしいから試してみたら~』ということで、食べた日から美味しさを知ってしまった・・・(♦Ő౪Ő♦)
最近では、普通の焼肉よりホルモンにちょっとハラミがあると満足。焼肉はロースやカルビよりハラミ。そしてここの『空』では、ホソがピカイチです!!
以前、来た時は、店内1階のカウンター、2回目は2階の座敷だったのが、今回はなんと仮設テント内のテーブル席。いつの間に・・・お店の横に仮設テントが出来ていたなんて~(驚)!! 需要に追っついていない緊急策?
仮設テントといっても、よく花火大会などで関係者事務所として使われるような白テントの大きいもの。中の天井には蛍光灯が、妻側両サイドには換気扇がブンブン回っている。テント壁面には時計やメニューがついていて4人掛けのテーブルが7席くらい?
仕事帰りのOLに、若い男の人からおじさんまで多種多様なメンバーで各テーブルはあっという間に埋め尽くされた。19時頃からは行列ができ、いつもいっぱい!!
以前、来店した時なんて、地方から来た女の子達が、お店の前で写真を撮っていて、一緒にいた友達は、シャッターを押してほしいと頼まれてました。(✿ฺ^-^✿ฺ)
新鮮で決して臭みはありません。美味しいのにリーズナブル!!ディープな鶴橋を堪能できます(笑)お試しあれ~♫
総合評価★★★★☆(4/5)
味・価格はピカイチです。忙しいお店なので、早いけど少し雑な感じです(笑)でも、私はこんなものと思いますが、初めて行く人の期待を膨らましすぎても駄目なんで控えめに~。とにかくリピーターが多い!!


2軒目~ カナリヤ(鶴橋本店)

 食後にお茶に行こうと向かったのが、カナリヤ。鶴橋で知る人ぞ知るカフェ。
BIGパフェやサンデーで有名なお店デス。JRと近鉄と地下鉄千日前線の交差する鶴橋駅から焼肉店の建ち並ぶ路地の中で、ちょうど焼肉「鶴一」の向かいにあります。BIGサイズなのに、お手頃価格。少し狭いお店に、夕方になると鶴橋を経由する女子高校生が集まり行列が出来ます。今は鶴橋だけですが、以前は、JR桃谷駅から少し歩いた堂ヶ芝交差点付近にもありました。2階建ての店構えで、外壁は紺色、窓枠は赤色、店内は板張りのカントリー風で素敵なお店でした。高校生の時、このカナリヤ桃谷店へ行くことがチョットしたイベントで、土曜日の放課後や定期テストが終わるたびに、カナリヤへGO!でした。
熱が出てもカナリヤに行くと約束していた日は、休まず学校へ行った記憶も。(o→ܫ←o)
今回、このカナリヤに来たのは10年ぶり?高校を卒業してから懐かしくて一度、高校の友達と桃谷店はなくなっていたので、この鶴橋店で待ち合わせをしました。それ以来。更にまた懐かしい~♪
私の大好きメニューは、『チョコサンデー』と『チョコトースト』
サンデーとは、パフェより生クリームの量が多いのです。
Photo_1 ←写真を見つけました。このサイズで確か630円だったっけ?
だいたいのパフェ、サンデーがこの大きさで、600円台。中には、テーブルから30cm位の高さになる巨大パフェ(2000円台)もあります。チョコトーストは、軽く焼かれた厚切りトーストの上に、生クリームとチョコレートソースがたっぷりクロスに重なっているもの。私はどっぷりハマってました。昔は、サンデーに、このチョコトーストを食べていたくらい。若い証拠かしら~(→ܫ←)
パフェやサンデーのほかにも、たくさんのデザートがありますが、どれも共通して言えることは、アイスクリームや生クリームが山積みになっていること!普通にコーヒーなどもあるので、デザートを食べなくとも見に行くだけでも楽しめます。きっと初めての人は、思わず『わ~!!』ともらし、笑っているはず(。→ˇ艸←)

総合評価★★★★☆(4/5)
値段も大きさも素敵です。お店の雰囲気は、桃谷店がほんといい感じだったので、なくなってしまったことが残念デス。ここも、リピーターが多い!!私も久々に火がついて通いたくなりました♪

| | コメント (4)

3人会

たまーに開催の『3人会』 = 食べて、食べてお喋りの会。
お店選びはいつも、食べるの大好きっ子hamaちゃんにより決定~♪

1軒目は、兵庫県立芸術文化センターの中にある、「世界一の朝食」で有名な神戸・北野ホテルプロデュースのレストランigrek THEATRE (イグレック テアトル)                                              
2007_04230056 阪急西宮北口駅の南側からデッキを歩くと大ホールの入り口に通じ、その大ホール入り口から中へ進むと落ち着いた板目の階段ホールが広がります。吹き抜けとなっている階段ホールの1階には、『お豆さん?』の形をした大理石のオブジェがデデーン!とあります。すごく開放的で光が程よく差し込み、壁面と階段は板張り、その他の床は石張りでとても気持ちの良い空間です。
イグレック テアトルは、2階の階段ホールの一角に位置します。それら階段ホールや天井まであるガラスから外が見え堅苦しすぎず落ち着いた雰囲気です。11時半頃に入った私たちが席に着いた時まだ周りは、ちらほらだったのが、正午には、約30席くらい?のテーブルは、ほぼ満席でした。そう、予約を入れてくれた時も、11時半 若しくは、14時半しか空いていなかったらしい。私たちは2軒目のCAFE を控えていたのでノーマルなテアトルランチとしました。

○本日のテアトルランチ(土日祝1,995円)
  本日のスープ・メイン・パン・コーヒー  
                   2007_04230053_1
2007_04230052_1 ・本日のスープ
 ポテトのスープ with
 蟹の身、三度豆など

        ・メイン(魚料理)
        ルッコラソース



旬の野菜と
魚が使われ、色彩もきれいで、美味しかったです。
ただ、ちょっと塩味が効いていたかな・・・?
あと、パンを食べるのに、手を拭きたかったので『おしぼりありませんか?』と聞くと、すぐに用意して貰えたのだけど、渡した後に『通常はお渡ししてないのですが・・・』と。敢えて言わなくてもいいのに~と、私達はちょっと残念に思いました。そういったとこに敏感な私達(笑)
総合評価★★★☆☆(3/5) 
おいしさやお店の趣きも大事ですが、やっぱり親切さ(=サービス)が重要かな?お店の人の振る舞いで、
今日のお店よかったね~の印象になっちゃうもんね~。


2軒目は~ Sabio cafe(サビオ カフェ)

 同じく西宮北口駅に位置します。可愛いお母さんと娘さんの二人でされているカフェ。
天然酵母の手作りパンのサンドウィッチと手作りケーキがあります。お店の前には緑(珍しい多肉植物)がいっぱいです。そして中の椅子とテーブルは、色んな種類のセットで、レトロでいい雰囲気です。外国のお家に訪問しているような、くつろぎ感があって、ついつい長居してしまいます。ほんとに長居してしまいお水を注ぎ足しにきてくれはった時に『長居してすみません・・・』と謝ると、『いいんですよ~ゆっくりしていってください♪』と快くお返しがあって、温かいお店です。 2007_04230058

私たちは、ホームページのメニューにはありませんが、3種類のケーキをそれぞれハーフサイズ+バニラジェラート+花クッキー?のケーキセット(\1,000)をいただきました。
3種類のケーキを楽しめ大満足です。
hamaちゃんによるとクラブハウスサンドは絶品だとか。美味しすぎて暫く通ったらしい(笑)Bagle
帰りに手作りベーグルを買ってかえりました。結構、大きいのだ!そして早速、翌朝にベーグルサンドを作りました。ベーグルは硬すぎず私の好きな生地で満足な朝食になりました~❤有名になって、いつ行っても満席って事になってほしくないというhamaちゃん。大きな声で言いたくないみたいだけどオススメ店です。
総合評価★★★★☆(4/5)
他のメニューも食べたら星5つになるだろうね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとう。

 昨日、あまり嬉しくないけど××の誕生日を迎えました。
この年齢、なーんか響きがよくないんだな~(笑)
私より3日早く、誕生日を迎えた友達から『な~んか、この
××歳って響き嫌じゃない?これってきっと嫁に行ってたら気にならないと思うんだけど、コレ独身だから気になるんじゃないかな~ 早く人間になりたーい!!(by妖怪人間べムより)』ってメールが来ました(笑)
フムフム確かにそうかも!!
でも、ここで妖怪人間ベムが出てくることこそ年齢を誤魔化せない。。。^^;
この妖怪人間が判る!って人は、同世代!ってことでwelcomeです。

 ところで、昨日の誕生日もポストを覗くと来てました。 *バースデーカード*
毎年、忘れることなく、遅れることなく、バースデーカードを送ってくれる友達がいます。
その友達 Wちゃんの誕生日は私より後なので、先に届くそのバースデーカードで、『そうそう、ということは、約1ヵ月後には、Wちゃんもね~』と、確認することができます。
でも、そのWちゃんは、これまで早く届くことがあっても遅れることは一度もなく、いつからだろう・・・もう10年くらい?送り続けてくれています。
カードの内容は、Wちゃんの娘ちゃんの近況報告であったり、どうしてる?何か新しいことあった?とか、他愛もないようなことかもしれないけど、毎年、毎年1日たりとも遅れることなく送り続けてくれる、その気持ちに、ふと改めて嬉しく思いました。
 
 彼女とは、高校から一緒。1年生の時、私はまだ大阪に住んでいて、その友達が名張から通学していることを『遠いよね~』って話していたのが、私も高校2年生の時、偶然にも同じ地に引越し、それから2年間、長い通学時間を一緒に電車で揺られた仲です。
今や、Wちゃんは、旦那さんの転勤地である香川県で専業主婦として幼稚園児の愛娘を持つパタパタママ。
そして、昨日『毎年毎年、忘れずにカードをありがとう。』っていうメールをしたら、『どうしてるのかな~って時々、思うんだけど日々の生活に追われて、なかなか連絡できずでね。。。』って返事。

 『どうしてるかな?』って思うんだけど、思いながら。。。生活のリズムも違うから電話の受話器をあげるタイミングも違ってツイツイになるよね、お互い。
遠くに離れていて、1年に1回会うか会わないか。でも『どうしてるかな?』ってふと思い浮かぶ。『どうしてるかな?』って思うだけで連絡までは、なかなか出来ずとも、心の繋がりを感じることができる友達。たまに、メールを打とうかな?と思っていたらメールが来たり、電話をしたら『私もどうしてるかな?って昨日お風呂で思い浮かんで今日、電話しようと思ってたんよ!』なんて。以心伝心?虫の知らせ的存在の友達。繋がっているって嬉しい~♪

 Wちゃん、これからも毎年、カードが届いているかな~♪とポストを覗いている私がいると思います。ポストに手紙が届くって嬉しいのよね。
冒頭で、誕生日をあまり嬉しくないように言っていた私ですが、ここで撤回したいと思います。ありがとう!
Ca350062

| | コメント (2) | トラックバック (0)

33人目の女(ヒト)

この春、Aちゃんが、結婚する。Aちゃんとは社会人になってから、お稽古で出会った。私はもう既に辞めているが、Aちゃんはこの結婚式間際まで、10年以上続けてきた頑張り屋さん。センスもよく先生にとっては、出来のいい貴重なお弟子さんである。

 
そんなAちゃんのお祝いの会が、Aちゃんの高校時代の友達を中心にあった。いつもお鍋で集まっていたが、皆で集まるのは2年ぶり?いや3年?久々に会って、3人がマスマスいいお母さんになっている。Aちゃんは、質問攻撃。途中、子供をあやしたりで聞きそびれた人から同じ質問。何度、同じ話を繰り返しているやら・・・

 A
ちゃんの結婚への道は、本人が驚くほどトントン拍子!出会いはお見合い。(昔ながらの日本庭園が見えるお部屋で、鹿おどしが『コ~ン』と響く中でっていうお見合いではない。)Aちゃんも2回ほど、プチお見合いはしていた。
これまでのAちゃんは、家に戻ると「どうだった?」って質問に「う・・・ん。駄目かな。。。」とか「無理・・・」という返答しか出来なかったのが、今回、結婚が決まったお相手と会った日、親からの質問も違ったらしい。「貰ってくださいと言ってきたん~?」と。
やはり、いつもと違う雰囲気が漂っていたのかな???

 
お二人は、紹介者よりも結構、早くに待ち合わせ場所に着いて、待っている間にお互いのことを話しつくしてしまったとか(笑)
その日、11時に待ち合わせをして、お茶だけでずっと話をしていたAちゃんは、余りにお腹がすき『お腹がすいた・・・お昼、食べません?』と。ということで、お好み焼きを食べに。。。こんな日も、粉モン? そして、食後にまたお茶を。。。話がつきなかった♪

 
ところで、お見合いに、『初めて会う日は、食事はせず、お茶だけして別れる』ってルールがあるとか???  知らなかった~(ˇ0ˇ◕;||| Aちゃんも、そんなお固いお見合いとやらは、していないので、知らなかったみたい。そんなルールが当然と思っていた彼にとって、『お腹すいたから、お昼、食べません?』は、とても意外だったとか。Aちゃんは、なんてったって33人目のお相手。Aちゃん曰く『私、33人目の女なの~(^o ^*)
これまでの32人では、そんな流れが全くなかったみたい。
33人もお見合いをすると、そりゃ、お見合いの必携というか、「お見合いに臨むにあたって」といった、考えがついてくる。
彼の趣味は、『ゴルフ』とあった。しかし、実際、ゴルフはそんなに。。。。
ゴルフより美術? 芸術嗜好なAちゃんは、美術館めぐりが好きなので、お見合いにありがちな話題のようだけど、ちょこっと美術鑑賞の話が展開した。すると返ってくる返ってくる。Aちゃんが持っている情報よりずっと、深い知識に、国立美術館の年間パスまで持っているといった本物なところが発覚し、趣味にゴルフ?美術鑑賞の方が本格的じゃない?と。

 のちに
、彼からの話によると、『30代後半、一人っ子。趣味に美術鑑賞なんてあったら引いてしまわない?』 確かに(笑)
Aちゃんのお相手に対する印象は、そんなこんなで『変な人』だった。でも、そんなとこもあってか、なぜか惹かれだした♪
正直、Aちゃんは最初、『一人っ子の息子?』 え・・・(;→д←) って思った()

でも彼は、大学から親元を離れ関東に、就職もそのまま現地で。そして、これからも横浜。なのでご両親は、息子と離れて暮らすことに慣れきってしまっていて、ベタベタではなく、むしろAちゃんと結婚することで娘ができたと喜んで、可愛がってくれるとか。
今や、Aちゃん『一人息子っていいよ~』だって~(oܫo)♥♦

 
彼は、32人も会ってきて『この人!』と思う人と出会えなかったのに、33人目のAちゃんで、何かしら運命を感じた。『33人目の女(ヒト)』として彼の前に現れた特別な人。ウキウキ嬉しそうに話をしているAちゃんの姿を見ていると幸せいっぱいってことが、伝わってきます❤ 『こんな日が来るとは・・・』の一言を聞いた時、ちょっとジーンとしちゃいました。。。 おめでとう!!! ☆彡 
後に続けたらと思います・・・ (๑→‿ฺ←๑;)

Ca350049_1  
 ← 芽吹いてきたアジサイの若葉

| | コメント (4)

お花見?

Dscf0634

先日お花見に行ってきました。
残念ながら☂でしたが、友達のところのお庭にある立派な桜の木は、お家の中からでも充分に楽しめました。
家の中から、しっとり雨の中の桜を見るのもいいもんね~♪雨が降ってちょっと負け惜しみ?
でも、雨にぬれて、色濃くなった桜の幹に、花びらの薄ピンクが映えます。
ほんとに見事な桜の木々でした。


と、しっとりもここまで。。。
実際は、花より料理???
友達の旦那さんは、カレー好きで回を重ね研究しているうちに、今や『お店をしては?』と皆が口々に言うほどのおいしさ!人が来るたびにおもてなし!
お家に着くなり、カレーのスパイシーな香りに、お腹は くぅ。。。くぅ。。。
皆、『いただきまーす!』の瞬間を待つばかり!Dscf0627

<メニュー>                              
・ラムカレー                           
・タンドリーチキンカレー
・ターメリックとカシューナッツの甘いカレー
・レンズ豆のカレー  他 2品のお料理
Dscf0631
今回で、Yちゃんカレーをよばれるのは、2回目。
またもやノックダウンされました(o→ܫ←o)♥♦
子供2人、男性2人、女性7名 合計11名 白米1升が底をついたとは恐るべし。よく考えると1人約1合!!
人のお家でどれだけ食べますねん。。。  
             

Dscf0633そして、まだ食べますか???
おやつにロールケーキの登場! 
(プレーン・黒糖・竹墨の3種)                   
これまた、友達夫婦と仲よし家族の旦那さんお手製。   
てっきりカワイイ奥さんの方が作ってきたと思っていた私達。
だって~旦那さん、ロールケーキを作るなんて顔立ちじゃないもん!
って突っ込み!(笑) これが、また美味しかった!!(→ܫ←)♡
『今日のは失敗やねん!』といいつつ嬉しそうに振舞ってくれるし。
どちらもキュートで、いい旦那さんやね~♪                              
                        
2007_04070039
まーだだよ                                                                     
この帰り、更に駅前で『せっかくだから寄る?』と、御影高杉のお店に寄りケーキに、話に花が咲いた私達。(さすがに私は半分個にしたけど。って言い訳?)
どこに入ったのかしら?♪~(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)
女はスゴイ!?
今日の趣旨は何だったっけ~???(^^;)ヘヘヘ
目にも、お腹にも、心にも。いっぱい花が咲いたもんだ!(笑)

 

| | コメント (8)

太陽の塔 

2007_03310010_3

少し遡りますが、3月31日『太陽の塔内覧会』に行ってきました~♪太陽の塔は、万国博のシンボルとなってから、もう37年!確かに近くで見ると表面に黒ずみがあり年月の経過を知ることができます。「太陽の塔内覧会」は、平成15年から行われていたようですが、平成22年の「日本万国博覧会開催40周年記念」に向けて整理や修復をするため、この3月31日で一旦終了です。その情報を知った友人の誘いで、限定100名の当日券を入手するために朝の7時から並びました。早起きした甲斐あって約50番目でゲット~!!

Seimei01_5

 内覧会では塔内部の写真撮影が禁止されていました。(当時の写真を引用→)
当時、塔内部には七色の『生命の樹』があり、そこには原生生物から人に至るまでの進化の過程を表現した約300体の生物模型がいました。最新設備が施され約40体ほどの生物模型はリアルに動くようになっていたらしいです。
(ちなみに生物模型はウルトラマンで有名な円谷プロダクション製作)


 内部壁面には真っ赤に塗装された鋼板が、ウロコのような突起状に貼りめぐらされています。今は、当時のような照明はなく、内覧会のために後々、設置された簡易照明だけで薄暗いのですが、見上げているとその壁面と『生命の樹』に圧倒され当時の力強い面影を感じることができました。これに音楽や語り、照明にリアルな動きが加わり、その上たくさんの人でひしめき合っていたのだから、きっと力強くて生命力溢れる異空間だったと想像します。体験したかった~!!

 「地下」「地上」「空中」の3展示部門を塔内にある螺旋階段と4基のエスカレーターを上りながら手摺りごしに見ることができ、最後は右腕の中にあるエスカレーターを通じて出口へと辿り着くというのが、その当時の見学コース。その右腕先から外に出ると『大屋根』と呼ばれる空中展示場に続き、メインの『お祭り広場』は、その傘下にありました。


●チョット豆知識●

1.太陽の塔 3つの顔 → 背中の『黒い顔』…過去
              正面『太陽の顔』…現在
              トップ『黄金の顔』…未来
2.高さ  → 約65m

3.腕の長さ → 約25m(片方)

4.入場者数 → 6421万8770人※博覧会史上最高
         (1日の最高入場者数:83万6千人) 
5.入場料 → 800円(大人:23歳以上※当時の物価は現在の約1/7

6.ケンタッキーフライドチキンは、万国博から日本でスタート 
  第1号店は『名古屋店』


 1970年代、テレビの価格は今で言うと約100万円。各メーカーは、太陽の塔のミニチュアなどオリジナル万博記念グッズのおまけ付きで販売競争し、そしてテレビは飛ぶように売れたという。また、愛地球博でも大活躍だった「迷子ワッペン」や入場口でパンフレットを配布することによって入場者の足を止め安全を確保するというアイディアの先駆けは、この大阪万国博だったとか。色んな意味で、後の博覧会のモデルとなっているようです。(鉄鋼館で受けた白川達郎さん?という方の万国博のおもしろ案内による)
入場者数は、いまだに博覧会史上最高であったり、またポスターは、37年前とは感じさせない先進的なデザインです。今回、太陽の塔の内覧会に参加したことで、まだ生まれていなかった私にとって、知らない大阪万国博の魅力をたくさん知ることができました。そしてなぜか、とてもキラキラしたエネルギッシュな光景が目に浮かびます。きっとそんなエネルギーに満ち溢れていた時代だったんでしょう♪
ジーンと熱いものを感じました☆
(大屋根)                        (お祭り広場)2007_03310018_3Ca350019_1 

| | コメント (5)

トップページ | 2007年5月 »