« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

新緑の頃

 新緑のきれいな時期。私は今頃の季節が一番好きです。
暑くも寒くもなく、風が吹くと爽やかでいい香りが漂い、山が若葉で黄緑色になりエネルギーが満ち溢れている。なぜかウキウキする~♪

 Cha_cha_malu_1              
  先日、職場の上司の家族が経営するお店に皆で行こうと、3月末に退職した元課長に誘われ 皆で三重県伊賀市青山町にあるイタリアン cha cha Malu というお店に行きました。
青山ホールから歩いてすぐのところにある壁が黄色のお店です。店内はログハウスのような仕上げになっていて、とても明るくアットホームな雰囲気です。ここは意外とメニューが豊富。パスタをはじめピザにドリア、スウィーツどれも種類が豊富。優柔不断な人は、きっと迷っちゃいます^^
またエビマヨのパスタ(中華風)や桜エビのピザなど結構、意外性のあるメニューがあってオススメ。そしてお世辞でもなく、どれを食べてもオイシイ~!!
裏切られることがない(✿❛◡❛ฺฺ)ノgood!!
毎度、注文するのが、先ほど書いた桜エビのピザです。ハマリました(^^)
残念ながら今回は、4人で行って色んなものを注文し食べるのに必死で、写真を撮り忘れていました(*^.^*;)エヘッ♪
店内を含め、次回は、しっかり写真&評価つきで、お店をご紹介いたしますm(uu)m


Syourenji01 cha cha Malu を出た後、折角なのでドライブをしました。この季節は、ホント新緑がイキイキしていてきれいです。お店から大阪方面にR165を走り名張市内へ。名張のことなら、お任せをということで案内人&運転手に。まずはR165から名張川を川上へと行ったところにある青蓮寺湖(しょうれんじこ)と青蓮寺ダムへ。青蓮寺湖は、昔ブラックバスの大会会場などになった湖です。この日もバス釣りのボートが浮かんでました。
湖の周囲には、桜の木も多いので、お花見シーズンにドライブすると気持ちが良いです!また、この青蓮寺湖沿いを道なりに進んだところにある香落渓(こおちだに)という奈良との県境は、秋になると紅葉も見れます。R165からほんの数十分で、こんな渓谷が・・・と圧倒されるような岩肌と山々に囲まれます。特に天狗柱岩という岩壁はすごいです。そこを以前ロッククライマーが登っていました。
ロッククライマーをLIVE状態で見たのは初めてです。(^^)
Syourenji07_1
 ところで、私は天を仰ぐような大木や山肌が前面に現れると何故か怖くて見上げられない症状が起こります。
運転をしていて前を見ていないと仕方がないという時は、足がすくみつつも『あ・・・怖い。早く通りぬけたい。。。』と言いつつ運転します。周りの人からは不思議がられるのだけど、いつからか気がつけば。。。
空やその先が見えないくらいにそびえ立っている数十メートルの松の大木や杉林なんかを見ると怖いのです。なぜなんだろう?何とも言えない自然の力に圧倒されるのか?自分でも判らない現象です(--;)
『同じような症状がある!わかる!!』と言う人、いないでしょうか?
共感できる人がいると嬉しい。(ちなみにトマトに砂糖をかけて食べるという人も^^;)
 脱線しましたが、この香落渓から更に車を走らせると、曽爾高原という秋はススキで黄金色になる高原があります。体育の日あたり天気がいいと、夕日と夕日で黄金色になる風景のショットを撮ろうという撮影者で、いっぱいです。
撮影ツアーがあるのか三脚を持った乗客がゾロゾロと降りてくる観光バスも。
『ススキの山は、カメラの三脚で覆いつくされます』(^∀^)ハハハ
             
 青蓮寺湖からR165に戻り、もう一つ近場で私の隠れオススメスポットが、夏見廃寺跡地です。ここは、この時期かなりよく言えば、軽井沢にいるような感じです(^^;)
チョットよく言いすぎかな?でも、ホントお弁当を持ってピクニックに最適。寝転がって空を見上げながら昼寝もよし。本を寝転がって読むのもいいかな~♪
何があるって訳でもないのだけれど、深呼吸をしたくなるようなところです。
手前には夏見廃寺資料館があります。かなり小さな資料館ですが、内部は外見から想像のつかない異空間です。
写真を見て、『軽井沢~???』と聞こえてきそうだけど、気持ちの良い雰囲気は伝わったでしょうか?また、お近くへお越しの方は、ぜひお立ち寄りくださいませ!
また近隣でドライブに行こうと思う方で、他にオススメスポットや道を知りたい時は、お気軽にどうぞ~♪

Natumi01

Natumi03_1  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神戸長田 粉もん屋

 田植えの季節です。北陸地方では一般的に田植えは、6月頃のようですが、日本列島の西側では、GWに家族揃って田植えをするというのが一般的。先週、信楽に行った時も車から田植えをしている光景をよく見ました。
友達の嫁ぎ先でも、恒例の田植えの時期がやって来た。GWより1週間遅れで。田植えには色んな工程があり、そのひとつ、水かけ(田んぼに水をひく)にあたって、ご近所と共有する水源の加減に気を使うようです。先に水かけをして、後に水の量が足りないなんて言われるのも厄介なので、ご近所が終えた1週間後にするとか(笑)
ご近所付き合いも色々ありますのね~
そして、友達の旦那 Mちゃんは、何反あるんだろう?3反だっけ?土曜に一人でイッキ!!に田植えを済ませ、いつもなら家族で焼肉~♪って感じで打ち上げがあるところ、今回は打ち上げでなくお父さんから臨時収入をもらったとか。
 その翌日、早速その臨時収入で、名張から大阪方面にお出かけ~♪
田植えの翌日に元気だこと(◕ฺˇ0ˇ◕ฺ;|||
そして『夕方、伊丹にも足を伸ばすけど一緒に、ご飯どう?妹たちも一緒だけど!』
(友達の妹も縁あって?同じ伊丹で、ご近所さん!)ってことで、神戸長田の粉もん屋へ。
(前置きが長くなりましたが…)

神戸長田 粉もん屋

 18時前に武庫之荘店に着いた時、すぐに座席へ案内されたのが、あっという間に満席。店内は、6人掛けのテーブル席が25席くらい?18時半には入り口付近、待っているお客さんでいっぱいでした。チョットの差でセーフ!
座席の配置は、ファミレス形式。入り口から近い中央部分に、大きな鉄板がありオープンになった焼き場(調理場)があります。6人ほどの店員さんが、次から次へと、注文されたお好みなどを焼いてくれます。そして出来上がってから、目の前の鉄板に運んでくれます。
友達家族は、仕上げにバターを入れるしょうゆやきそば【※1】にはまり、それが目的!
確かに、ここの麺は、もっちりしているけど伸びていなくて美味しい。このしょうゆやきそばは、最後に入れるバターでグロスを塗ったかのような唇になるけど、意外に、あっさりしていて美味しい。私は、このお店の元祖を試してみたくて、ぼっかけ玉焼きを注文。
スジこん入りのお好み焼きです。意外とスジこんが、しっかり入ってて美味しかった!
スジ肉のうま味があってしっかり味。ビール好きには、たまらんはず!
今度は、モダンで食べたい!今からでも食べたい気分♪
なかなか美味しかった!Mちゃん、ご馳走さまでした。m(uu)m
総合評価★★★★☆(4/5)
チェーン店って、あまり美味しくなかったりイマイチなイメージがするけど、お店の雰囲気やメニューも含め気軽に行けて好きかな~♪

 友達の2歳の息子と友達の妹の3歳になる息子は最初、久々に会った時は、恥ずかしそうに照れていたのに、帰りにはギューのハグとほっぺにチュー(^3^)!!
2人のBoysに囲まれ、お腹も心も満足!
やんちゃでいながら照れ屋な男の子ってカワイイ~♪

【※1】 ネギ塩やきそば → しょうゆやきそば へ訂正いたしました。

| | コメント (5)

ミイラの作り方

 古代文明をこよなく好む友達に誘われ、神戸市立博物館で開催しているミイラと古代エジプト展へ先日、行きました。
今回の展示は、3000年前に作成されたミイラ・ネスペルエンネブウを主人公に、ミイラの謎に迫る!!といったテーマ。特別企画で、3Dメガネが配布され1日数回、約20分間の3Dバーチャル映像によるミイラの説明がありました。
(ちなみに声は高橋克己でした。おっ!こんなとこに登場ですか!^^)
このバーチャル映像がなかなか面白かった~(*^^*)
シアタールームで大人も子供も3Dメガネをバッチリ装着し、明りが消されたと思うとミイラの入った棺が頭上からドドドドド~”””と現れ解説がスタート。みるみるうちに古代エジプトの世界に引き込まれました!

 昔、発見されたミイラを知るためにはミイラの包帯を解くしかなかったのが近年の技術の進歩から、触らず内部の詳細を知ることができるようになったのです。また、古代エジプト文字のヒエログリフが19世紀のフランス人学者によって15世紀ぶりに解読されたことにより、棺に書かれているヒエログリフの情報を読み、ミイラの生前の名前や地位、職務なども分かるようになったとか。
このミイラ・ネスペルエンネブウさんの職業は、神官で神殿に仕え重要な役割を果たしていた。そして40歳すぎ、今で言う脳腫瘍のようなものが原因で亡くなったと推測。神殿に仕え重要な役割を果たしていたことより、ネスペルエンネブウさんは復活を願われてミイラとされたようです。ミイラにされるのは地位の高い人だけでした。

 ●ミイラの作り方●  ちょっと気持ち悪いですが、興味ありません?(笑)

・鼻の奥から脳みそをそぎ出す。
・わき腹に直径だと4~5cm位の穴
(※1)をあけ心臓以外(※2)の臓器を取り出す。
・それら臓器と遺体に塩を覆いかぶせ約40日間放置する。(水分を飛ばす)
・保存処理された臓器は専用の容器に入れる
(※3)
・わき腹の穴を開けたところには、薄い鉄板の蓋をする。
・遺体に松ヤニを塗りミイラを守る護符や装飾品を付け包帯でぐるぐる巻きにし完成。


(※1)わき腹の小さな穴から、3000年前にCTやエコーもないのに、どうやって心臓と区別し取り出せた
    のか不思議。。。

(※2)心臓はやはり他の臓器とは違い特別なものとされていた。
(※3)来世で新しい生活に入った時に必要とされ遺体と一緒に棺に納められた。

 そして永遠の生命を得ることを願われたミイラは、何層にも重ねた亜麻布を石膏で塗り固め、色鮮やかに彩色されたカルトナージュ棺に納められたということです。

 実はこのミイラ・ネスペルエンネブウには、秘密があったようです。
ミイラを作る工程で松ヤニを塗るってのがありますが、その松ヤニが入っていたお皿が松ヤニを塗って乾燥させている時にネスペルエンネブウさんの頭に引っ付いてしまったらしくミイラ作りの人が『ありゃりゃ~引っ付いてしまった!取れないから、このまま一緒に包帯で巻いちゃえ~』と頭に松ヤニのお皿を付けたままミイラにしてしまった(笑) 
もう時効デス!3000年前の失敗が今、明かされた(^^)
こんな裏話も知る事ができ、意外とおもしろかった♪
友達は横で『エジプト文明、萌え~!!やわ!』と言って見てました(笑)
ちょこっと興味のある人は6月17日までなので、良かったら覗いてみてください。 

●おまけ●Ca350063      
 この後、あちこち寄り道していたら生田神社に辿り着き、『せっかくだから、藤原紀香にのっかっちゃう?』とミーハーして参拝してきました。
初詣以外で生田神社にこんなに参拝者が並んでたっけ?
地方から新幹線で来たという声も聞こえてきました。
影響力ってすごい~   ご利益あるかな~???

| | コメント (7)

タヌキ汁

 こどもの日、信楽の滋賀県立陶芸の森に行きました。陶器市が開催されていて、賑わってました。車のナンバーを見ると、圧倒的に滋賀ナンバーが多いのですが、京都、三重、奈良、和歌山も多く、帰省中の車かな?広島や岡山、宇都宮なんてナンバーも。
名阪国道、壬生野ICからR422とR307を走り約40分。気候の良い週末、R307で大渋滞に巻き込まれ全く進まなかった苦い経験から恐れていましたが、もともとこの日は、天気予報で雨となっていたからかな?思いのほかスムーズに行けました。R422からR307に入った途端、店先に置かれたタヌキが両サイドからお出迎えしてくれます。
とにかくタヌキだらけ(笑) 中には3mくらいあるBIGタヌキも(。→∀←。)

Tanuki  陶芸の森は、とにかく広い!!(甲子園が約10個とか?)
そして緑がいっぱい。この時期は、芝生が青々としていて、広大な広場で、お弁当を広げたりキャッチボールやバトミントンを楽しむ家族連れで賑わってます。敷地内には、展覧会などがされる陶芸館や研修館にちょっとした食事のできるカフェテラスみたいなところがあります。また信楽焼のモニュメントが、屋外広場のあちこちで発見できます。信楽焼のベンチなんてのも♪
この日、昼間は天気がよく晴れていたので、青々と新緑に包まれた山々が見渡せ、おいしい空気を胸いっぱい吸い込むことができました。

 帰りに陶芸市に寄りました。ここでもタヌキがいっぱい!!タヌキの焼き物は、時代と共にバリエーションが豊富になってきていて、持っている物も違えば、顔も現代風に?リボンがついている女の子タヌキもいたり。でも、私はどちらかと言うと昔ながらのタヌキの方がいいかな~?って今回は買ってません。昔に買いましたが^^;
ところで信楽には、タヌキばっかりではありません。普通に、お茶碗やお皿などの日常食器類の他、花器や茶器に、傘たてや植木鉢などもあります。
最近、よくお店のトイレの手洗いに陶器の受け皿を見かけません?あれも信楽焼だったりします。信楽の土は、大きなものを作るのにも丈夫で適し、また小物を作るにも細工しやすい粘性があるといった優れものらしいです。2007_05070090
今回、私はあるものに惹かれちゃいました。カメさんです^^
なんか、妙に惹かれたんだな~(笑)
他にも、陶器市では、交渉次第で、値下げもしてくれるので、買い物するのが楽しい~!カメさん以外に、父や叔母は、植木鉢や小皿、夫婦茶碗にお薄茶碗なんかも買ってました。
私といとこは、「限定品」だの「値下げ」に反応し『堀出し物があるかも~♪』と見回っていました。
ある出店で、『タヌキ汁あります。』を発見!
いとこの子供 『えぇ~!!!タヌキ入ってるの~?(♛ฺܫ♛ฺ)イヤヤ~』 私もイヤヤわ。しかし何が入っていたのだろう???
また、来年の陶器市のしているGWに行く人があったら食べてくださいな~( ◔ิ‿◔ิ)エヘヘヘ

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »