« Rosso* | トップページ | 松江にて(食事編) »

ホーランエンヤ(還御祭)

久々の松江。 前回は1年半前に神迎祭を見るために。
そして、今回は「ホーランエンヤ」を見るためにflair
松江に居る友人からお誘いを受け、貴重な経験をしました。

Haranenya_00

ホーランエンヤとは、12年に1度、9日間にわたって五穀豊穣を祈願するお祭りです。
大阪天満宮の天神祭、宮島の管弦際と並ぶ日本最大船神事の1つで
中でも「渡御祭」、「中日祭」、「還御際」が大きな見せ場。
5大地(地区)の人々が、それぞれ豪華な櫂伝馬船に乗り込み「櫂伝馬踊り」を披露。
ホ-ランエンヤは、「宝来遠弥」 「豊来栄弥」とも書かれる。


Horanenya_01_2起源は、慶安元年(1648年)松江城主 松平直政公が大凶作を危惧し松江城内に祀られていた城山稲荷神社の御神霊を隣町の阿太加夜神社へ神興船でお運びし、豊作を祈願したことから始まったとされている。

この日、お祭りの始まりまでは、雨でした。
お祭りが盛り上がる頃には、雨はあがったものの灰色の空。
青空がバックだと櫂伝馬船も映えただろうに~と思いましたが、生中継の司会者の
「五穀豊穣には太陽も必要だが、雨も必要です。」という言葉に、そっか~と納得!
このお天気こそが、山陰地方である松江らしい空の色。
ちなみに中日祭だけは、晴天だったそうですsun


渡御祭(5/16)・・・お祭りの幕開け。城山稲荷神社の御神霊を阿太加夜神社へお運びする。

中日祭(5/20)・・・大祈祷の中日に阿太加夜神社の氏子が安置された御神霊をお慰めする。
       
還御際(5/24)・・・大祈祷を終え、阿太加夜神社で安置されていた御神霊が渡御際とは逆の経路で
              大橋川をたどり城山稲荷神社にお帰りになる。



Horanenya_04約100隻の豪華な大船行列は宍道湖と中海の間に走る大橋川で行われます。
ちょうど、お邪魔していた友人宅がこの大橋川沿いのマンションで、まず上から見物。
マンションが大橋川に倒れるのではないかというくらい皆、ベランダに出てました^^
そして、マンションの下に降りて見物。

ホーライエンヤという先頭取の唄とともに凛々しい「櫂伝馬踊り」には、拍手喝采!
どこぞのおじさんが思わず「よっ、日本一!!」という掛け声。
すると、船上の人々から「有難うございます!!」と返答があってステキでしたshine


Horanenya_03

マンション前の区間から次の区間へ移り、私も松江大橋へ移動し眺める。
橋が落ちそうなくらいの人の層sweat01
必死のパッチで撮影しました。(携帯デス・・・)
今回は、一眼も持参したので、現像するのが楽しみです♪


ホーランエンヤで着用されている衣装や踊りはまるで歌舞伎のよう。
そして、腰のしめ縄や前掛けは、相撲の化粧回しのよう。
このお祭りの始まった頃に歌舞伎や相撲が盛んだったことが由来しているそうです。


この先頭に立って凛々しくカッコよく披露されている踊りですが、12年前に踊った
人から指導を受け、それで習得していることがスゴイ! 素人ではないような動きsign01
そして、たった1度のこの機会に披露しただけで12年後に忘れず、この動きを次世代に伝承していく・・・360年の歴史の重さの顕れ?
観光客が楽しむ向こう側にある歴史の重さをチョッピリだけ垣間見た気がします。

12年後、私は4×歳。ふと想像したら恐ろしくなった(笑)
でも、小さな歴史がどう動いているのか、楽しみでもあるnote


お祭りの翌日、この先にうっすら見える宍道湖から、しじみ漁を終え
帰ってきたボートが去った直後。 000_2静かな大橋川の朝の景色デス。










|

« Rosso* | トップページ | 松江にて(食事編) »

旅行(国内)」カテゴリの記事

コメント

かなりスゴイ数の船が出てくるんだね~happy01
色も鮮やかで、キレイshine
移動しながら見るのは、ちょっと大変そうやけど。。。。
12年後私も見てみたいなwink

投稿: よう | 2009-05-26 12:38

12年に一度ってところが、そそられるな~。
色使いが日本というより韓国っぽいね。
はるか昔、朝鮮半島と日本がくっついてたのがうなずけるわ。
このお祭り、初めて知りましたflair

投稿: みたっち | 2009-05-26 14:47

わ~~ まりちゃんも見に行くチャンスがあって ほんと良かったネ~~
本当に船のお祭り・・華やかだよネ~。
5そうの櫂伝馬船の周りに 神様への奉納するためのお酒や米俵などが 
その櫂伝馬船の後をついてまわってて
一箇所が約1、2時間でも 本当に見ていてあっと言う間なくらい
すごい興味深いお祭りだよネ!
そうそう!12年後って言ったら 自分がどうなってるんだろうネ~(笑)
本当に一生のうちに何度も見れるものじゃないから 本当に貴重な経験をしたネ♪
そっかぁ~ このお祭りはお天気があまりよくないんや~。
確かに 私もず~~っと島根遊びに行ってて 毎日めっちゃ夏の様にお天気が良くて 
しみが出来る~~なんて思ってたのに
渡御祭の土曜日の予報は雨だったもんなぁ~。
運よく雨は回避し 雨にあたる事なく見学できたけど 
それでも太陽の下じゃなかったもんなぁ~。
時々 このお祭りは 毎年雨が降りやすいってあるよね。
涙雨とか言って。 そういうのって 不思議だよネ。
それにしても まりちゃん このお祭りを見に行ったのが すごく嬉しいなぁ♪

投稿: メイプル | 2009-05-26 21:56

ホーランエンヤ??
なんか、エンヤコーラって言ってるお姉さんの姿が浮かんできたのは私だけでしょうか?

投稿: MASKEN | 2009-05-26 23:07

行ってきたのねーhappy01ホーランエンヤ!!
写真みてなんだかうれしかったーvirgo
twofour年前に祖父に連れて行ってもらったの思い出しました。
またお話きかせてねsmile

投稿: さんた | 2009-05-27 12:25

迫力あるお祭りだねぇhappy02
12年に1度ってのが、また良い・・・♪
船の名前も“ふくとみ”って、幸せが寄ってきそうだわshine

投稿: もも | 2009-05-27 20:27

>ようちゃん
スゴイ数の船でしょうeye
これがまた写真で見るよりド迫力で、立派なお祭りでした!
色も鮮やかでほんと見応えありですup
移動はしなくて見学できるよ。
お披露目するために1箇所で3周ほど1時間以上もかけて
この100隻の船が回って見せてくれるの!
それが3箇所で行われるて感じです。
12年後、私もまた見たいと思ってます!一緒に行っちゃう~♪

>みたっち
そう、12年に一度ってところが、私の中でもポイントで~
そして最近、お休みもらったところだったので月曜にお休みを
もらうのに申し訳なく事情を話すと、「そりゃ、いかんとアカン!」
と言ってくれまして・・・(笑)
色使いが確かに韓国っぽいね・・・
はるか昔、朝鮮半島と日本がくっついてた。。。ほんまやねぇ。
お寺の色使いもそうやもんなぁ。
そう考えると神事ごとの割には派手なお祭りやね!
私もこのお祭り、昨年に松江の人から教えて貰って知りました!

投稿: まりごん | 2009-05-27 23:52

>メイプルちゃん
ありがとう!そう、1週間違いでね!
メイプルちゃんは渡御祭、そして私は還御祭^^
最初と最後を二人で納めれたね!
写真は断然、メイプルちゃんの綺麗さに敵いませんが・・・coldsweats01
ほんと一旦、都合が悪くなって流れたのに、見る価値あり!と
再度お誘い貰って、いい機会でした~♪
本当にこんなに豪華な船のお祭りはなかなかないもんねnotes
一箇所だけで約1、2時間もあるのに見ていてあっと言う間って
ほんと同感!
12年後って言ったら 自分がどうなってるんだろう~ってつい思う?(笑)
どこでどうやって過ごしているのか想像もつきませんわhappy01
本当に。。。一生のうちにあと何度、見れるのかわからない貴重な経験shine
きっと松江の年配者の中には、あと何度見れるのかな?っていう
思いで見物してはる人がいるかもしれないと思ったヨ。
あれ?ちょっと違ってたかな?
私が聞いた話では、このお祭りの日は、いつもお天気って話だったの。
そして、雨予報の中、最後はやっぱり雨は上がった!
私の周囲にいた人たちは、『やっぱり上がったな~』と話してはりました(笑)
司会者の人も天気がイマイチですっごく残念がってはったから
「五穀豊穣には~」って伝えてはったのかも?(笑)
それにしても、見れて良かった~! ありがとうkissmark
    

>MASKENさん
いいえ。他にも居ました。会社のオッチャン!
あ~あ、MASKENさん、オッチャン的ってこと?smile

投稿: まりごん | 2009-05-27 23:57

>さんたさん
そうなの~!見に行ってきたヨ~♪
嬉しくなってくれた?そう、言われると私まで嬉しいよ!
さんたさんの故郷だもんね~^^
私も何か共有した気分です!
24年前におじいちゃんに手をつながれ行ってたさんたさんの
カワイイ姿を想像しました! お話するわヨ~happy01


>momoさん
迫力力あるお祭りでしょ~!
間近だともっともっと迫力があるんだよ~shine
是非、12年後、体験してほしいワ^^
船の名前の“ふくとみ”に幸せが寄ってきそうと思う、そんな
あなたが幸せな証拠だね~kissmark
流石だわ~! キタキタ~~~^^

投稿: まりごん | 2009-05-28 00:05

すご~い^^
こんなに舟が出るなんてーーー!
それにキレイshinehappy01
天神祭りもこれくらい迫力と美しさがあれば見る気になるけどね・・・coldsweats01
人生で一度は経験してみたいお祭りですわsign03

投稿: il-mare | 2009-05-28 12:33

> il-mareさん
こんばんは! こんなお祭りだったのです!
大きなメインの船 櫂伝馬船は5隻だけですが、その後に続く
船をトータルして100隻ですもんね!
是非、12年後?24年後に1度は見てもらいたい!
そう天神祭りは、何と言っても人の数の迫力が1番。。。
あの人の数に花火は見れず、年々、足が遠のいてしまいますdash

投稿: まりごん | 2009-05-28 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/29796506

この記事へのトラックバック一覧です: ホーランエンヤ(還御祭):

» 松江開府400年祭~ホーランエンヤ* [La Cle・・ Une,Deux,Trois]
            12年に1度だけ行われる 360年の歴史ある日本三大船神事の1つ、             島根県・松江城山稲荷神社 式年神幸祭 『ホーランエンヤ』 を見て来ました!                ちなみに、安芸の宮島の管弦祭、大阪天満の天神祭と合わせて                このホーランエンヤが日本三大船神事なんだそう。    慶安元年、出雲の国は天候不順から大凶作が予想され、    これに心を痛めた松江藩主・松平直政公(徳川家... [続きを読む]

受信: 2009-05-31 12:00

« Rosso* | トップページ | 松江にて(食事編) »