« 虫の音と「ひびのこづえ」展 | トップページ | ブツブツ交換 »

加賀屋新田会所跡

今のようなエアコンや床暖房のなかった時代、快適な住まいを作るために先人達は
自然の摂理にかなった発見や発明からどのような工夫をしてきたのか?

~古民家に学ぶ快適な暮らしの知恵~ 


加賀屋新田会所跡」の古民家見学セミナーに参加してきました!


Photo_2 

日本の住まい作りの金科玉条  ―徒然草第55段 兼好法師(吉田兼好)―

 「家のつくりやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。
                           厚き比わろき住居は、耐え難き事なり」
                (夏の高温・多湿に備えて住まいを作るべし)


日本の夏は、高温・多湿。
湿度の低いお国の人たちが、夏の日本にやって来て、あまりの蒸し暑さに
息苦しく感じ、ビックリするとも聞いたことがあります(笑)  

人が快適と感じる室内温度は、冬の場合18~23℃、夏の場合25~27度
湿度においては、40~60%にコントロールできると快適と感じると言われる。

風による体感温度は、風速1m/sあたり1~2℃も効果があるらしい。
また、気温が同じでも湿度が高いと暑く感じるのは、皮膚からの蒸発を遮るから。
風が吹き、皮膚の水分が蒸発するとともに表皮の熱を奪ってくれることで涼しく感じる。

他にも、輻射熱が・・・と色々と貴重な講義を聞きましたが、それはさておき

蒸し暑い夏を考えると 「日本の住まいは、通風を考えた住まいとせよ」 ってことでした^^


そんなこんな前置きのお話を講師の先生から伺った上での見学notes
お話を聞いている間も、気持ちのいい風が通り抜け、まさに実感しつつの見学!


Photo_3 Photo_10

Photo_9 夏は、北側の部屋で~  冬は南側の部屋で~
庭を挟み四季に合わせて快適に過ごせるように!
贅沢とも言えるけどエアコンのない時代、裕福なお屋敷の一つの工夫。
<ちなみにこちら 約9和室(茶室含む)+3土間+1蔵でした。>

熱を遮るために庇の出も大きく!  まっすぐ長~く伸びる軒桁は立派!!


Photo_4Photo_5

お茶室もありました。
3室もあるうちの1室。
客人の頭上となる天井は一番高く
亭主がお点前する天井は一番低い。
天井の仕上げも、客人用と亭主用では格式が違い変化をつけている。。。


 
Photo_601









照明が粋! 渋くないですか~?

2008_0912046Photo_8Photo_7

そして、小さな工夫。
左)照明の吊元と照明の軸は鋳物でできていて接触していると点灯。
  コードなんぞ見た目の悪いものはナシ!
右上)玄関口には、刀置き。なんせ江戸時代に建てられてますさかいに~
右下)釘隠し。釘の頭が見えないよう隠蔽デス!


風通しもさることながら、欄間や障子の格子模様に拘りがあったり、木や竹の節を
活用したり、敢えて自然に曲がった木材を使ったりと・・・
ひとつひとつ丁寧で、拘りの造作。
造作や材質については、住之江のまち案内ボランティアの方からの説明デス。
昔の人は、ほんと拘り尽くした職人さんばかりだな~とキョロキョロ見学会でした!


日本の風土に合った、日本らしい住まいを体験してみませんか?
今のお家で、風通しの良さがいかに重要か実感しているワタシ。
お家を考える時は、日当たりも大事ですが、風通しが何よりだと痛感shine


<加賀屋新田会所跡>
場     所   :  大阪市住之江区南加賀屋4-8
入  園  料 :  無料
開園時間  :   10:00 ~ 16:00
休  園  日  :  毎週月曜日・年末年始

|

« 虫の音と「ひびのこづえ」展 | トップページ | ブツブツ交換 »

お出かけ♪」カテゴリの記事

コメント

こんな見学セミナーがあるんやね!
そこに目をつけるまりごんが粋やわ~。
今の私だと目に留まらないかな~。
食べ物中心やからcoldsweats01

昔ながらの日本家屋に住んでみて、風通しは痛感してます。
とりあえずは食器棚でつぶしてしまってる窓を、来年の夏に向けて開けれるように計画中。
階段途中の明かり窓もルーバーにしたいし・・・。
またお越しの際にはアドバイスよろしく!

投稿: みたっち | 2009-09-17 13:16

ほんと 昔の人の知恵ってすごいよね~~。
私的には 冬が気になってたんだよね~。
私 本州に住むようになって 建物が冬用じゃないから
もう 冬がすごく寒くって寒くって・・
そのたびに 昔の人はもっと寒い思いをしていた って唱えてるくらいだもん。
いろいろ説明を受けて 本当に感銘を受けるセミナーだネ。
って・・・ ここ無料なの?? びっくり!!
四季毎に 行ってみたくなるネ!ぜひ ご案内して下さい!

投稿: メイプル | 2009-09-17 17:35

以前テレビで京都の町屋も風を最大限生かすための作りになっていると見たことがあります。
昔の日本の家屋って、色々と自然に順応したつくりになっていたのでしょうねぇ

投稿: MASKEN | 2009-09-17 21:14

>みたっち
そっそっ、こんな見学セミナーがあるんやわ。
でも、私はお誘いしてもらったんよ!
でも、知ると行きたくなる気の多いまりごんでおまーcoldsweats01
楽しいでぇ~ 色んなお話を聞けるし、参加している人たちも
実際、設計してはる人や博学な人が多くてもう、質問しまくり~の
ボランティアの講師の人以上に説明してくれはる人が居てはったり(笑)
そうやね~みたっち、今こそ日本家屋住まいになったもんねflair
風通しええよなぁ~ 下からも色んな匂いが上がってくるくらいdelicious
あの窓を、来年の夏に向けて活かすよう計画中?
階段の明かり窓もルーバーに?色々、検討中なんやね~。
また寄せてもらった時にシッカリ聞かせてもらうね~paper


>メイプルちゃん
昔の人は、実体験から発見して、工夫をしはるから思うと
努力家の人ばっかだよね~!
あれ~、メイプルちゃんって、冬がダメなの? 
寒いところの出身の人って、寒さに強いイメージだったんだけどflair
寒いところは確かに玄関前に風除室?除雪室?があったり
暖房設備がバッチリで部屋の中は、半袖でもいいくらい良く暖房が
効いてたりするもんね。そっか・・・
そうそう、昔の人はそれこそペラペラのお布団で靴下もないし
隙間風だらけで、きっと寒くて熟睡もできなかっただろうね~と話してました!
無料ってのがいいでしょ~happy01

投稿: まりごん | 2009-09-17 22:41

>MASKENさん
そうそう、京都の町屋も鰻の寝床に風が通り抜けるような
工夫がされているんだよね!天井も高いしup
なんせ夏の京都は暑いもんね。。。
最近、また皆が自然との共生に目覚めてる?!


投稿: まりごん | 2009-09-17 22:45

やっとアップしてくれたhappy01

やっぱりええカメラで撮ると違うね~sign03
私も一眼レフほしいな~sweat01
でも色々と出費がかさんでしまっているので、
まだまだ先やわbearing
ボーナスがあればポン!と買えるのにな!

こんなイベントがあればまたお誘いしま~す!
今度は洋館とかいいよね!
アンケートにちょっとリクエストしてみましたwink

投稿: il-mare | 2009-09-20 13:15

>il-mare さん
こんばんは!遅なりまして^^;
お待ちかねして頂いてアリガトウkissmark
そんな違いが現れてますやろか?天気も悪かったし。。。
もっとパリッとした写真が撮りたいんだけど・・・頑張ります!
新居に越したとこですさかいにねup じっくり検討してください!
今のカメラも充分ええもんですやんflair

また行きましょ~♪
洋館でリクエストしてはったん?そりゃエエわ~lovely
楽しみにしてますscissors

投稿: まりごん | 2009-09-21 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/31367905

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀屋新田会所跡:

« 虫の音と「ひびのこづえ」展 | トップページ | ブツブツ交換 »