« 倶楽部競馬 釣り吉の会 | トップページ | 室堂・雷鳥沢散策 »

立山(雄山)登頂!

立山(3003m)に初登頂しちゃいました!

016

 

大阪から車を走らせること約5時間でJR立山駅に到着。
さらにケーブルカー(7分)、高原バス(50分)に乗り継ぎ室堂にやってきた。
私たちが到着し、ホテル立山の散策ツアー(無料)に参加した頃は、小雨が降り
滞在中の天候に不安を感じてましたが、お風呂に入っていると窓から
赤い夕日が射し込み、誰もいなかった大浴場で一人ウロウロと綺麗な
夕焼けが見える窓を探し、外で見たいでもシャンプーが・・・とソワソワcoldsweats01

「明日は晴れるみたい!晴れたら登っちゃ~う??」と天気任せにしていた
立山(雄山)登頂も翌朝の青い空で決行!
アルピニストにはあり得ないまったり朝食後、リュックを背負い、立山玉殿の湧水
(名水100選)もペットボトルに汲んでいざ出発~good   室堂の標高は2450mデス。

この正面の雄山に登るんだヨ~!  うぅぅ。。。 気が遠くなりそう・・・(笑) 

021

少し歩いただけで汗ばむ天気に昨日までの雨が嘘のよう!
出発の前日まで 一か八かの賭け状態だった天候がものすごく判りやすいほど
一晩のうちに切り代わり、梅雨明けヤッタ~!\(*^▽^*)/

014



エッチラオッチラ登るにつれ、少しずつ景色も変化して見えます。
まだまだ雪が残ってますが、高山植物のハクサンイチゲが咲いてました♪
遠く左上に黒部湖が見えてますヨ~(^∀^)b

017_2



山頂から流れる雪解け水が冷っこ~い!! 
コップに汲んでグビグビ! 美味しい天然水を飲み小休止~♪

015




中間地点の一ノ越に到着。ここまで約1時間。
ここまで緩やかな勾配だけど途中の雪道は、歩き辛く意外に負担がかかる。。。
でも、ここからは、急な傾斜のゴロゴロ岩道。 
ちょっと絶句(笑) ヒョエ~な坂道coldsweats01

013




一歩ずつ、崩れなさそうな岩に足を掛け、自分の進む道を探しつつ登る。
かなり足を上げないといけない急勾配で 膝にかかるパンツが邪魔に思い
裾から膝上までパンツを巻き上げているとベテランそうなオジサンに
「膝を擦りむくよ~」と声を掛けていただきましたが、もう私「いいんです!」状態(笑)
登るのはいいけど、これ下る時に怖くない?というようなゴロゴロ岩山を
一ノ越から約1時間登り山頂に到着!! バンザ~イ \(*^∇^*)/

012

室堂ターミナルで購入した おこわ や おやき の後にお湯を沸かし
山頂で飲んだ熱いカフェオーレは最高~♪



と、景色を眺めていると みるみるうちに雲に覆われ。。。
さっきまでの真っ青な空はどこへやら・・・ 山の天気はホント変りやすい!
折角なので、登拝料(500円)を払い、本当の高地点にあたる岩峰の先端峰本社↓を
ササッと拝み、小雨が降ったので雄山神社内で山岳信仰のおはらいを受けました。
おはらい後にふるまわれた御神酒が、疲れた体に染み込み美味しかった~(笑)

020




雨もあがり再び下山するが、この勾配、下を見ると高所恐怖症でない私でも
怖くなるので、登りと同じく一歩ずつ足の掛け場のみに目を向けゆっくりと。。。
(下に見える屋根が、中間地点の一ノ越デス)

018




一ノ越を過ぎるとまた雪道と石の舗装面の繰り返し。
トレッキングシューズが痛くなりだし、雪道は滑りやすく足が進まない。
そこで、相方さん オススメ ビニール袋をお尻に敷いて滑って降りる大作戦!!
あまりの勢いにキャ~~~sweat01  岩にぶつかる・・・sweat02 
下に居たオジサンにそれいいね~notes と笑われましたcoldsweats01

019




標高差500m 往復4時間ほどの登山。
そんなに厳しい道のりではないですが、予行練習なしの登山は後できました…happy02

022

でも、登るごとに表情を変える景色や雲の怖いほど勢いのある動きなど雄大な
自然に圧巻される、それだけの価値がありました!
こんな雄大な景色に日常生活の中では、遭遇できないですもんねぇ。




そうそう、夏の羽に変身していた雷鳥にも遭遇しましたヨ~♪   
(残念ながらヒナはこの母雷鳥の袂に隠れてしまってます。。。)

011

また室堂散策と黒部ダムの続きをUPしたいと思いますconfident

|

« 倶楽部競馬 釣り吉の会 | トップページ | 室堂・雷鳥沢散策 »

旅行(国内)」カテゴリの記事

コメント

登頂おめでとうshine
昨年私が見た景色とは全く違っててスゴイやんhappy01
標高差500mほどで、3000mの山に登頂できちゃうのってイイよね~。
先日、来月登る立山トレーニング兼ねて伊吹山ナイトハイキングしてきたんだけど、1300mほどの山やけど、標高差は1000m近くあり結構疲れた・・・。
満点の星空の下を歩き、振り返れば夜景shineっとなかなかの絶景!でも、頂上手前から天候悪化し、ご来光は見れずcrying
でも、お薦めですので一度是非sign03

投稿: よう | 2010-07-22 09:26

この青空と山見てたら、地球っていいな~なんてグローバルな気持ちになるね。
いい体験してきたんやね~。
私は登山は未体験やな~。
まずは体力作りから始めないとどうにもならんわ。

疲れたカラダは御神酒で酔わなかった?

雷鳥、カワイイ~!
冬は雪と同じ白い毛になるんよね!
雷鳥といえば、お土産のお菓子、またの名をサラバンドやったっけ。
頼まれて長野で大量に買った記憶が・・・(笑)

投稿: みたっち | 2010-07-22 21:22

>ようちゃん
ようちゃん、ありがとう!! 用意はしつつも、観光で終わらすかも?
の予定が、あまりに天気がよかったので登頂しちゃいました^^
出発前に例の山好きな上司から、無理せず勇気ある諦めも大事だとか
危険を伴う事を重点にアドバイスもらってたので、おののいてたんだけど
その甲斐あってか思いのほか想像以上に楽しい登山だったわ~
でも、昨年のようちゃん達の話のように山の天候次第でほんと
状況が変るんだろうな~ということも現地に行って実感したよ。
ふふ。標高差500mほどで、3000mの山に登頂って確かにお得shine

ようちゃんは、来月に立山へ再登頂するのねflair また景色が変るね!
伊吹山をナイトハイキングって渋い!!1300mとは恐れ入りました(笑)
満天の星空の下を歩くって素敵な響き~♪ いいね!いつか体験してみたいわ^^

投稿: まりごん | 2010-07-23 06:16

>みたっち
ほんとに!この景色の中にいると、今、私はすごい大自然の中にいるんだ!
と我に返ってました。
グローバルな気持ちにというみたっちの意見すごく判るsign01
気持ちまで大きくなった気分になれるからね(笑) 一瞬だけ(爆)
でも、夜にこの景色を見ると例のまた「怖い!」が出てきた・・・sweat02
私も昨年まで登山は未経験。去年から登山の風が吹き始めましたわ^^
体力作り不要でしょ!普段からやんちゃ坊主2人で鍛えてるやんsmile

疲れたカラダだったけどあまりにチビっとな御神酒で酔わなかったわ~
本音、もっと飲みたかった(笑)
雷鳥、冬は雪と同じ白い子になるの!良くご存知で~♪ 
ホテルで夜開催のお勉強会で私も知ったとこcoldsweats01
そうそう、‘雷鳥の里’はもう買わない!サラバンドを知ったからネ^^
‘立山物語‘ってのもありました!これも包装が違うだけで一緒だったよ(笑)
買うならサラバンド(^o ^*)b  こんなこと言ってたら怒られるナ~^^;

投稿: まりごん | 2010-07-23 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/35830429

この記事へのトラックバック一覧です: 立山(雄山)登頂!:

« 倶楽部競馬 釣り吉の会 | トップページ | 室堂・雷鳥沢散策 »