« たびたびの~ | トップページ | 満開 »

揺れる日本

突然の大きな揺れから1週間が過ぎて・・・

2009_02140218
3月11日 14:46 来訪者と打ち合わせ中のところ体が揺れる。。。
「めまいしている?」と思っていた私は、冷静になろう気を張り説明を続行していた。
すると周りで「揺れてる?」とザワザワしはじめ、地震だったことに気づく。。。

「こんなに揺れて気持ち悪いのに よく平気で話ができますね~」と
来訪者に言われ、この時は笑い話で済んだけれど
家に帰り、テレビを付けて、今回の地震の凄さを改めて知りました。

大規模な地震、見たことのないような津波、火災、そして原発・・・

テレビを通じ、被災者の方々がどんな思いで避難したかなど悲しい事実を知る。
目の前で、家族が津波にのまれたこと、津波から逃げるために持ちきれなくなった
寝たきりの家族の最後の命綱を手放してしまったことなど・・・
命の選択のために下した答えに自問自答される その背中に何とも言えず。。。



001

そして、原発の「安全神話」の崩壊。
今回の地震によって、原発の恐ろしさを身近に感じ、色々と考えました。
きっと皆さんも一緒でしょう。
日本みたいな地震国で、それも地震多発地帯にこんなに原発があっていいの?
何を持って安全? 被爆したらどうなるの?(←すごく怖い内容でした。) 
目的が違うけれど核を保有しているのと変らないくらいじゃないか?
まるで自分が作ったロボットが制御不能になって、暴走している物語みたい。。。
毎日、余震と原発の相次ぐトラブルを耳にし、聞きなれない’緊急地震速報 ’を
何度も聞いているうちに 日本がどうにかなってしまいそう・・・
と、不安な気持ちになって過ごしてました。
被災地にいる方々なんて、もっともっと・・・


関西は、あまりに普段と変らない状況で過ごせていることが
すごく申し訳ないような気分にもなっておりました。
今、自分に出来る事は何か?そんな思いで色んな人が立ち上がってますね。
私も、せめてもの行動で、まず先日ココを通じ、参加しました。
色んな方法があり、クレジットを使えばすぐに手続きもできます。
またYahooでは、ポイントでも参加可能です。
これからも引き続き、できることを考えていきたいと思います。


強い放射能の厳しい状況の中で、東京消防庁の方々の命がけの活動や
被爆と隣りあわせの中、原発に従事されている方々の必死の努力のお陰で
状況が少し改善の方向に動き出したように見受けられる様子。
被害がこれ以上、拡大しないように そして被災者の方々が、少しでも早く
日常を取り戻せるよう、1日も早い復旧となりますように。。。

|

« たびたびの~ | トップページ | 満開 »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/39257817

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる日本:

« たびたびの~ | トップページ | 満開 »