« 今度は3人で♪ | トップページ | 炊き込みご飯 »

続きを求ム!!

昨年末、職場で小説を借りたことがきっかけで、読書スイッチが久々にON!
借りた本が終わったら、次はあれだ!と読み始めたのが「流転の海」M001大好きな「宮本 輝」さんの小説です。

実は、この小説を買ったのは、かれこれ16年前
販売されていた第2部までを読み終えたところで
5部作として、構想を練っている作品だということを知り。。。
ひょえ~ 続きが読みたいけど2部以降は待ち状態?! もうウズウズsign04

もどかしい思いで待つのは辛いので、この先は、全てが発売されてから
いっきに読もう!!と、書店に文庫本として5部とも並ぶまで待ちました^^
(通勤電車で手軽にいつでも読みたいので、文庫本が必須デス^^)M003

そして、年明けから5部をいっきに読もうと色あせた1部の「流転の海」を
本棚から引っ張り出し、読み始めたのですbook




ちょうど妹の病院まで時々、電車で出向いていたので
往復3時間の道のりが、充実の読書時間になりまして~
それはそれは、とても集中して思わず電車の中で、涙が落ちそうになったり
吹き出しそうになったりと、すっかり入りこんで、本が離せなくなって・・・
寝る前もベットの中にもぐり込んでまで読んでました(笑)M002

そして、4部目「天の夜曲」を読み終え、あと1部で終わってしまう~寂しい・・・
と思いながら「あとがき」を読んでいると、どうも5部で終わりそうにない?
6部いや7部?8部まで続くとか? ひょえ~~~
またこの先をウズウズ待たないといけないの~happy02


でも、終わってしまうのも寂しいから、このままずっと登場人物を
追って行けるって考えれば嬉しいことかも?
この小説にハマってしまった年配の方々から宮本 輝さんあてに
「私は、もう残り時間がないので、何とか早く5部とも書ききって欲しい!」と
1部や2部を読んだ時点で、お手紙が届いていたらしい(笑)
その年配の方々、ご健在だと良いですが・・・
なんせ、この小説を書き始めた頃 35歳だった宮本 輝さんも既に還暦を迎えられて^^
この年月とともに登場人物が熟成され、ほんと小説の中から飛び出して
実在する人物のように錯覚してしまうほどデスflair
宮本 輝さんの小説は描写的で、流れるように情景が浮かびます。
それゆえ惹き込まれてしまうのです。はぁ~早く続きが読みたいhappy02

追伸ですが、今、読んでいるものは、なにを隠そう 「巨人の星」 smile
マンガじゃないか~(笑) 相棒が、読め読めとあまりに勧めてくるんで・・・
電車の中で、オジサンにも凝視されましたわ(爆)
これを読んだらまた宮本 輝さん作品に戻りま~す♪



宮本 輝 作品で特に好きな小説  : 彗星物語、草原の椅子、森の中の海 など

|

« 今度は3人で♪ | トップページ | 炊き込みご飯 »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/44198378

この記事へのトラックバック一覧です: 続きを求ム!!:

« 今度は3人で♪ | トップページ | 炊き込みご飯 »