« おうちde新年会 | トップページ | 梅の花巻 »

お伊勢さん

両親とお伊勢さん巡りを計画して チケットを用意していた妹。
行けなくなって・・・無駄にするのも勿体ないので
代わってワタクシが、お伴しました^^
1月末だというのに え~じゃないかえじゃないかのお伊勢さん
I_07
凄いもので、いつも賑わってます。
どこか会社で参拝されていた様子? 正装して大勢で参拝されてました。
1泊2日の旅行を兼ねて伊勢参りかしら?

優しい目の神馬さんにも会えました。I_02 



立派な木から気をもらいI_06



外宮・内宮と しっかり参拝もしてきました。I_01


参拝のあとは、こちらでしょう~♪I_08_3

おはらい町・おかげ横丁をぶらぶら散歩!
この日のお昼は、手ごね寿司&伊勢うどん&サザエの壺焼きと
これぞお伊勢さんなものでした^^



おはらい町に来たら、ココ! と決まってお立ち寄りする『カップジュピー』さんI_11

美味しいコーヒーが楽しめる、父のお気に入りなCAFE

お昼を食べすぎて、食べ歩きが楽しみ切れなかったけれど
ブラブラお店巡りをしていたらあっと言う間に時間が過ぎちゃいました^^I_10
ピンチヒッターだったけど、妹が日に日に快方に向かっていることもあって
両親とほっと息抜きできました^^
今度は、夏に赤福氷を食べに来たいな~(^u^)




伊勢や志摩地方では、一年中、注連縄かけられているんですよね~I_09

ちょっと調べてみました^^  ↓ 良かったら、どうぞ!


≪由来≫
須佐之男命(天照大神の弟)が、伊勢の地で強い雨風に遭って大変困り
巨旦将来というお金持ちの門をたたき、一夜の宿を頼んだ。
しかし、巨旦の家では断られる。次に、訪ねた家は、その兄にあたる蘇民将来と
いう人の家であった。貧しいが心の優しい蘇民将来は、雨でずぶぬれになって
困っている須佐之男命を迎え入れた。
須佐之男命は大変よろこび「今夜悪い病気が伊勢の村々を襲うから
家のまわりを囲みなさい」と。あくる朝、蘇民将来が、見ると村中の人々や
弟もみんな死んでしまっていた。
須佐之男命は一夜の礼とともに立ち去り際に、「これから悪い病気が流行ったら
”蘇民将来子孫門”と書いて、門口にはりなさい」と伝え去った。
このことが人々に言い伝えられ伊勢の町々では今も、一年の初めに門口を
飾るかざる注連縄に書いて、一年中、飾るようになったとのことでした~

|

« おうちde新年会 | トップページ | 梅の花巻 »

お出かけ♪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/43953374

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢さん:

« おうちde新年会 | トップページ | 梅の花巻 »