« お姉ちゃん&ハニーマスタードチキン | トップページ | 端午の初節句 »

おめでとうから。

先週、早いもので弟くんも生後6ケ月となりましたchick
ちょうどそのハーフバースデーの日にベビーカフェで
寝相アート撮影会のイベントがあって、3ベビーで参加してました^^000




夜は久々に早く帰宅できた父ちゃんから「ケーキは買ってないの?」と言われ
そう言えばチビ太の時は買ったのに・・・弟くんゴメン!と思っていたら
父ちゃん、ちゃっかりケーキを買ってきてましたdash な~んだ!やられた~coldsweats01002
今まで何でも自分中心に回っていたチビ太が「ケーキのチョコを食べたい‼」 と。
母が「これは弟くんの!」と言うも、「これチビ太のん!チビ太が食べたいの~」と
今度はプレートに手を伸ばしてきた。。。 (そして汚された^^;) 
それでも母は「違う!弟くんの!触らないで!」と言い張ると 
「ウェ~ンsweat01」と床に伏せて泣き出した(笑) 2歳児には酷だったかしら?coldsweats01
もちろん、あげましたけど。。。




翌日、そうだ!と思い出してチビ太と全く同じ状況で撮影してみました^^

弟くん
2016421
チビ太
012

弟くん服がブカブカ eyesweat01
チビ太の当時の体重と比較してみたら2kg差
そりゃブカブカだわ。。。 兄弟といえども違うもんです。
と言っても、大きくなったら逆転するかもしれないけどね^^





先週は、他にもお誕生日がありました^^ 
弟くんに会いに来てくれた当日がお誕生日だった友達。
そして、その3日後はワタクシの誕生日^^;
友達は小学校5年生の時に転校してきました。もう四半世紀以上の
お付き合いになりますが、大人になってから産院も同じだったと知りビックリ!
横に並んで、オギャーと泣いていた頃があるということですよね(笑)
だから実際は、かれこれ年齢分だけの幼馴染なんです^^
そんな2人でお祝いしましたnote006
おめでたい!ということで、お頭つきの鯛でアクアパッツァ
それと昨年から全く使いこなしてなかったニトスキでパエリア♪

最近、スウィート事情に浦島太郎状態なワタシ
昨年、大阪にオープンしたばかりのチーズタルトを持ってきてくれました^^
平日のお昼でも並ぶことが必須の「BAKE」 確かに酷があって味しい~heart02000_2そしてサプライズでケーキを用意^^ 
私たち、これまで元気でおめでとう!!ってことで(笑)

熊本地震の地震から2週間
いまだなお毎日、揺れが続き不安と不便な生活を余儀なくされている被災地
同じ小さな日本の中でありながら、少し離れていると何事も不自由なく
普通に暮らせていることが、心苦しくもあります。
阪神大震災をたまたま実家ではなく吹田のお友達のおうちで経験した私。
震源地から離れているといっても同じ関西圏なので、かなり揺れました。
寝ているところなぜかふと目が覚め、一瞬もの凄く怖いほどの静けさが漂ったと
思った矢先にゴオー‼という地響きが聞こえ。。。「ん?」これは何の音?
と思った次の瞬間 ドン!と突き上げ、そして大きくグラグラと揺れ・・・
この揺れがドンドン大きくなってどうにも止まらなくなったらどうしよう。。。
と思うほどの恐怖を味わったことを20年前の事なのにまだしっかり覚えています。
地震が起きた日、揺れるたびにビクビクし、友達の居間にあったコタツから出るのが
怖くて夕方まで、ずっと離れることが出来ませんでした。
だから今回の熊本地震の異例とも言える揺れの回数を見てると、その揺れから来る
恐怖は想像以上だろうということだけは判ります。

また阪神大震災当時、学生だったので、被害の酷かった神戸市内のある
避難所に友達とボランティアに出向きました。
阪急電車は西宮北口という駅から先は不通で、ひたすら歩いて。
物資を分けたり、炊き出しを配ったり。それくらいしか出来ませんでしたが
逆にそこに居ると貴重な食料を頂くことになるのが申し訳なく思うほどで。。。
そして避難所で過ごしてみて・・・当時は真冬だったので、寒くて何度も目が覚め
熟睡なんて出来ず、早くお家に帰って温かいお風呂に浸かりたいと一夜
過ごしただけでも思ったことを思い出しました。

今回、私も2歳児と0歳児を抱える母となり・・・
被災地で出産直前の方やまだ生後わずかの赤ちゃんを抱えて被災した
お母さんの事をニュースで知ると涙が溢れます。
ただでさえ出産直後は、ホルモンの影響で精神状態が不安定なのに 
まだ未熟な赤ちゃんを抱えているとどれだけ不安か・・・
泣かせてはいけないと周囲にも気を遣うし。
でもストレスがあると母乳の出も悪くなるんですよね。(食事もまともでないし)
出ないとまた不安が増え、それがまたストレスになりと。。。
助産師協会の方々の働きかけで、ある避難所の片隅に赤ちゃんの沐浴や産後
間もないお母さんがケアを受けられる施設が設置されたというニュースを見ました。
それでも毎日、沐浴が出来るわけでもなく。
また出産後、実家に帰省するはずが実家も全壊ならご自身のおうちも全壊し
産後すぐから車中泊生活になる妊婦さんがおられることをニュースで知りました。
新生児を抱えて。。。 心が痛みます。

二人目だったので少し余裕があった今回の弟くんの出産。
それでも2ヶ月ほどは、大変でした。
でも今、思えば暖かい空気に包まれた産院と住み慣れた自宅で
何の生活の不安も抱えず普通に過ごせたことは有難いことだったのだと
震災を前にすると改めて気づかされます。
蛇口を開けると普通にお水が出ること。電気が普通に使えること。。。
日々、当然に普通に過ごせることがありがたいことだということを。
元気で、また1年プラスして誕生日を迎えられたことも。
今の私に出来ること。微力ながら義援金という形で協力させてもらいました。
また主人も仕事の関係で被災地への応援の要請があった場合、最初は
おチビが居るので私も大変になるしと・・・と思っていたようですが
この先、必要とされることがあるなら行ってもらうことで話し合いました。
今後また何が出来るか自分なりに考えたいと思います。
なによりもまず熊本地方の揺れが早くおさまることを願いながら。。。

|

« お姉ちゃん&ハニーマスタードチキン | トップページ | 端午の初節句 »

Baby日記」カテゴリの記事

日記・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341332/65176527

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとうから。:

« お姉ちゃん&ハニーマスタードチキン | トップページ | 端午の初節句 »